コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

携帯電話でやけど、欠陥認める=こたつで発熱、製造元に賠償命令-仙台高裁(時事通信)

 こたつの中でズボンのポケットに入れた携帯電話が過熱しやけどを負ったとして、宮城県亘理町の地方公務員の男性(54)が、製造したパナソニックモバイルコミュニケーションズ(横浜市)に約546万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、仙台高裁であり、小磯武男裁判長は訴えを退けた一審判決を破棄し、同社に約221万円の支払いを命じた。
 小磯裁判長は、やけどは位置や形から「本件携帯電話に関連して生じた」と判断。こたつが外部熱源となって異常発熱した可能性が否定できないと指摘した上で、「こたつが、取り扱い説明書が近づけないようにと警告表示している高熱の熱源に当たるとは言い難い」とし、設計や製造上の欠陥があったと認めた。
 男性がやけどの原因について専門家に依頼し調査することを余儀なくされたとして、調査費用の150万円も含めて同社が負担すべきだとした。 

【関連ニュース】
学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初
JCOMウェスト、3D体感コーナーを新設=関西の17店で
3Dテレビ、先行発売=前評判踏まえ2日前倒し
パナソニック、太陽電池工場の建設検討=兵庫県尼崎市の敷地内に
パナソニック電工、名証上場廃止へ

コンビニで戸籍謄抄本、政府IT戦略最終案(読売新聞)
<空港売却構想>伊丹の土地評価「1000億~2000億円」 前原国交相(毎日新聞)
国民生活センター 新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)
警察エンブレム偽造の男に有罪判決 「悪用の危険高い」水戸地裁(産経新聞)
大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)

 17日午後0時10分ごろ、東京都足立区新田1の路上で、停車中の都営バスに後ろから来た乗用車が追突。警視庁によると、乗用車を運転していた60代の男性が心肺停止状態で、同乗の孫の女児もけがをした。バスの乗客約40人のうち5人も軽いけが。【山本太一】

地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
G20、出口政策が論点に=加藤元財務官に聞く(時事通信)
岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)
南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ-日本(時事通信)
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火-日航、全日空(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

首相動静(4月18日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で秘書官と打ち合わせなどして過ごす。
 午後1時42分から同3時33分まで、軍事アナリストの小川和久氏。
 午後3時56分、民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院国土交通委員長、中山義活首相補佐官が入った。
 午後4時12分、川内、中山両氏が出た。同59分、菅直人副総理兼財務相が入った。
 午後6時23分、菅氏が出た。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)
田辺三菱に25日間の業務停止命令(医療介護CBニュース)
<虐待>宇都宮市が老人保健施設から事情聴取 処分決定へ(毎日新聞)
<初代ミニ新幹線>400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)

 埼玉県警少年捜査課や警視庁などの合同捜査班は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純製造など)の疑いで、川崎市中原区中丸子、ウェブデザイナー、小林葉介被告(29)=同罪で起訴=と少年3人を逮捕した。

 県警少年捜査課によると、小林容疑者らは5年ほど前からインターネット上に日英中3カ国語で男児ポルノ専門サイトを開設。小学生から高校生までの男児50人以上をポルノの被写体として募集し、神奈川県内のホテルなどで撮影。DVDを1枚1万3000円~3万2000円で国内の愛好者約1500人に販売していた。同課では、同容疑者らには計約5700万円の売り上げがあったとみて捜査を進めている。

 男児ポルノを専門に製造・販売するサイトの摘発は、全国初。

 同課によると、小林容疑者は「カネを稼ぐためにやった。少年愛は崇高な世界で広めたいと思った」と供述しているという。

 サイトには男児向けに「短期間でたくさん稼げるモデルをやってみませんか」「やる気と夢をかなえたい子はぜひ」といった勧誘の言葉を並べていた。

 小林容疑者らの逮捕容疑は昨年12月、神奈川県内のホテルで、東京都内の中学2年生の男子生徒(13)に1万2千円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市の私立大学1年生(19)、東京都足立区の大学1年生(19)、千葉市の会社員(19)の少年3人。少年捜査課では、都内に住む別の都立高校3年の少年(18)もかかわっていた疑いがあるとみて調べている。

【関連記事】
衝撃告白!篠山紀信お願いに原紗央莉「断れなかった」
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 
グーグルの逆襲! 中国語サイトでタブー画像が検索可能に
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「疑似児童ポルノ」を全国初摘発 頒布容疑で写真家らを逮捕

<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
早朝、大阪・豊中でコンビニ強盗(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ(時事通信)

 全国警察本部の刑事部長を集めた会議が5日都内であり、警察庁の安藤隆春長官は足利事件の捜査の問題点を踏まえ、「組織の総合力を発揮し得る初動体制の確立を図ってほしい」と訓示した。
 安藤長官は、DNA型鑑定の過大評価、先入観を持った取り調べなどに問題があったとして「初動捜査を進化させ、高度化させる必要がある」と強調。科学鑑定や防犯カメラの活用など、多角的で客観的な証拠の収集を求めた。
 虚偽の自白を生まないため、容疑者の性格などに応じた取り調べをするとともに「ポリグラフ検査の積極活用など、科学的な観点からの犯人性の検討もしてほしい」とも話した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
〔用語解説〕「足利事件」
「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」
誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判

鳩山邦夫氏は不参加=新党結党で平沼氏明言(時事通信)
<博報賞>推薦受け付け開始(毎日新聞)
北九州市議選偽投票、被告の元候補に実刑判決(読売新聞)
鳩山首相 農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。